.

任意整理というものは一般に借金の整理というように言われ、それぞれの債権を持つものに対しての債務の返済を行うことを前もって決めた借金整理の選択肢となります。普通の手続きでは、債務処理経験のある司法書士あるいは弁護士が債権を有する者とあなたとの中に立って相談し合い、利息を定めている法律に照らして利息の引き直しを行って借入金の元金にかかる借入金利を減額することによって36か月ほどの期日をめどに返済を目指す借金整理方法です。この手順を踏む場合は警察などといった国の機関が手出ししないため別の処理と比較した場合手続きを行った場合の不利益がほとんどなく、やり取りは借金をしている人になにも問題になりませんので一番初めに比較するようお勧めするやり方になります。くわえて、債権を持つものがサラリーマン金融のような法外なだったら利息制限法で決められている貸出金利に加えて返した金利については借入元金に充当すると判断されもととなる元金自体をカットすることも可能です。ですので、消費者金融といった法外な借入金利のところにある程度長い期間返済している例ではある程度の金利分をカットすることができる可能性もありますし10年近く返済し続けているケースだと元金そのものが償却されることもあります。債務の整理の利点を挙げると自己破産とは違って一定の負債だけを処理していくことができるため他の保証人がいる借入金以外について整理する際やマンションのローン以外で処理する場合等も申請することもできますし財産を処分してしまう必要がないため投資信託や戸建て住宅などの自分名義の財産を所有しているものの放棄したくない場合においても有力な選択肢になる借金整理の手続きといえます。しかしながら、今後の返済に必要となる額と現実として可能な給与等の収入を比較しある程度返済の計画を立てられるようである場合はこの手順による手続きを取ることに問題ありませんが、自己破産手続きと異なり返済義務そのものが消滅してしまうのではありませんので、借りている量が大きいような場合は、実際に任意での整理の選択肢を選ぶのは難しくなるということになるでしょう。