.

今回は為替取引に関しての根本的事柄についてのエピソードです。為替市場というのは「自分でお金の送付をしなくても金銭の受け渡しの目標を為すこと」なのです。日常的に為替市場といえばほとんど外国の為替について言っている事が多いです。外為というものはお互いの国のマネーの取り替えのことを示します。外国旅行(シンガポール、ベトナム、)などしたことがあれば、たぶん為替のやり取りをしたことがあります。銀行の窓口で他の国の貨幣に両替をするならばそれこそが国際の為替なのです。為替の市場を簡潔にいうと、買おうと思っている人と売る側の額を示すものです。銀行と銀行の間でのやり取りによって決まります。それがマーケットメイカーと言う世界中の銀行です。為替の相場は周辺からの力を受けて休まず変化します。為替相場を変動させて行く動因とはファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズの意味とは経済状況、経済の基盤やいろいろな要素のことを表します。国の経済の上昇や景気状態、物価の水準、金融緩和政策、経常収支、無就業者数、重要人物の言葉など複数のものが作用して為替の相場は変動して行くのです。特に国際収支統計や失業率は肝心なところと言われます。経常収支というのは、日本でいうと財務省よりの言いつけで日本銀行が貿易統計を土台として作成した他の国との一定時期の経済の取引を残したものです。これは行政機関や中央銀行のHPの中で見ることができます。就職者の統計・失業率も肝心となる場合が多い原因であると言われます。中でも米国の雇用者の統計は重要とされます。月ごとに公開され調査のねらいがワイドな点がミソです。為替のレートの動向は各国の経済の変化であると言えます。各国の経済の推移を見ることで為替のレートの動向見通しができるようになると結論付けられます。