.

新聞の折込チラシ、電信柱に見かける宣伝や郵便広告などで、「多重借金の整理整頓任せなさい」「多重借金を統合したくないですか」という売り文句を見かけることが多いです。「整理業者」「買取専門屋」「紹介者」という俗称の悪徳業者の宣伝のときがあったりします。こういったものを頼んだ場合には自己破産申し立て手順の中で最も大切な免責承認を手に入れられなくなる危険性もあります。「整頓屋」とは、ビラなどで多重債務者を集め法外な依頼料をもらって債務整理をしますけれど、実際のところ整理は実行されずに、依頼者はより一層の負債地獄に陥ることが大方と言ってよいでしょう。「買取専門人」とは借金者のクレジットで電気製品、何らかのチケットを大量に買わせて債務者から品を値段の2割から半値で買い直すという手口が主です。負債者は一時的にはキャッシュが手に入れられますが、いずれカード業者によって購入物の全額の支払い要求がきて、実際は借金をアップさせるだけです。この場合、クレジット会社へ詐欺に当たるということになり免責が手に入れられなくなります。「紹介者」では大口の金融業者から断られる借金者について、直接的な金貸しは全然せずに、融資をしてくれる関係無い貸し手を紹介して、高い費用を取っている会社です。つなぎ屋は自らの苦労で資金提供可能となったかのように解説しますが現実には何もしておらずただ単に選考の甘い企業を伝えているだけというやり口です。この場合も現実には債務を増加させることとなります。